忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SNS


SNS。ソーシャルネットワーキングサービス。様々なSNSがありますが、グーグルのSNS、Google+は最近とんと耳にしなくなりました。yahoo!のニュースの記事には、yahoo!コメントがない場合は、Facebookのコメントが表示されています。例のイイネですね^^。mixiもまだまだユーザーは多いですし、LINEの勢いはものすごいです。が、Google+は・・・?^^;。Androidが普及しているからどんどんユーザーが増えるんだろうなぁと思っていましたが、意外や意外、逆にほとんど耳にしなくなってしまいました。今やほとんどのSNS。ライバルはLINEなのです。LINEをしていない人を探す方が難しくなってきています。しかし、LINEは便利ですが、アプリの容量がかなり食うらしく、あまり写メなどのファイルファイルを保存できなくなるという話を聞いたことがあります^^;。あれだけ便利ならそうかもしれませんね。

キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
PR