忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comm


LINEを追い抜こうと頑張っている企業があります。「DeNA」です。DeNAは、無料通話アプリを開発し、提供しています。ですが、Commで検索したところ、「Commが危険すぎる」という記事が検索結果に・・・。見てみたところ、Commはアカウントが削除できない。一度ダウンロードしたら永遠にComm。危険すぎるという内容が・・・。他にもプライバシーダダ漏れ、LINEは自分の電話帳が会社に送られる、出会い系のメールが送られてくるらしいです。しかし(笑)、これは解決したようです。アカウント削除はヘルプからできるそうです^^。運営者側としては退会してほしくないので、出来るだけユーザーの目の届かないところに「削除」「退会」の方法を記載しています。そして、Commは、知り合いにばれずに登録する方法が用意されていないというのもありましたが、じゃあ誰とつながりたくて登録しようとしているの?!(笑)。普段出会えない人たちとか?♪。

「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い

自分の過去世を知りたいなら
退行 催眠

一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
PR

住所


そういえば!。GooglePlayで、何かライブ壁紙や着せ替えアプリを久々にゲットするかと見ていて、一つ気に入ったライブ壁紙があったので購入しようとクリックしたら、支払い方法を選択する画面が表示されたので、月々のdocomoの料金で支払う方法を選択しました。もう一つの選択肢はクレジットカードですが、絶対クレジットカード情報は登録したくない(笑)。そして、支払いを選択し、次に進んだら初めて見る画面。住所を入力してください・・・?なんでよ(笑)。docomoの利用料金と一緒に請求されるんだから住所必要ないでしょ、何に使うの?(笑)^^。ということで、そのライブ壁紙気に入ったのですが、諦めました・・・。だって住所入力必要ないのにさせるなんて怪しいじゃないか。Googleから請求されるというなら住所入力するのもまあ仕方ないと思えますが、クレジットカード払いを選んだとしても住所入力必要ないしね・・・。何を集めているのグーグルは・・・。

池袋駅近くのカウンセラー
池袋 カウンセリング

日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか安定上位表示は狙えぬ
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要

SNS


SNS。ソーシャルネットワーキングサービス。様々なSNSがありますが、グーグルのSNS、Google+は最近とんと耳にしなくなりました。yahoo!のニュースの記事には、yahoo!コメントがない場合は、Facebookのコメントが表示されています。例のイイネですね^^。mixiもまだまだユーザーは多いですし、LINEの勢いはものすごいです。が、Google+は・・・?^^;。Androidが普及しているからどんどんユーザーが増えるんだろうなぁと思っていましたが、意外や意外、逆にほとんど耳にしなくなってしまいました。今やほとんどのSNS。ライバルはLINEなのです。LINEをしていない人を探す方が難しくなってきています。しかし、LINEは便利ですが、アプリの容量がかなり食うらしく、あまり写メなどのファイルファイルを保存できなくなるという話を聞いたことがあります^^;。あれだけ便利ならそうかもしれませんね。

キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
        
  • 1
  • 2
  • 3